テレビアンテナの設置はプロに依頼した方が快適に見れる

テレビアンテナの基本知識

テレビを視聴するためには、電波を受信できる環境であることが必須です。テレビ本体には電波を受信する装置はついてないため、家の外部に設置するテレビアンテナを使って電波を受信します。受信した電波はケーブルを通じてテレビ本体まで届き、映像や音声を楽しむことができる仕組みです。基本的にはアンテナを使ってテレビを見ますが、電波が遮断されてしまうような難視聴エリアも中には存在します。その場合は、ケーブルテレビなどを使用してテレビを見ることになるのです。

アンテナ

地デジを受信するために必要なテレビアンテナとは

地上デジタル放送ではUHF電波を送信するため、それを受信するためのUHFアンテナが必要です。UHFとは「Ultra High Frequency」の略称であり、極超短波とも呼ばれています。波長が短い電波であるため、テレビや無線などの移動通信に適しているといわれます。この電波を受信するのがUHFアンテナであり、魚の骨のような形をした八木式アンテナなどが代表的です。また電波の受信強度によって、最適なアンテナが変わってきます。

テレビ

地デジアンテナ工事を依頼する際の流れ

テレビアンテナを正しく設置するためには専門的知識が必要なので、まずは地デジアンテナ工事業者を探すことから始めます。最適な業者を見つけたら、事前調査のために業者による自宅訪問を受けます。調査の結果、工事の日程や方法などの詳しい説明を業者から受けます。工事の内容や費用に納得すれば契約を行い、いよいよ地デジアンテナ工事をスタートします。工事が終わったら接続テストとチャンネル設定を行います。設定に問題がなければ、すぐに地デジ放送を視聴できます。

[PR]
地デジアンテナ工事の専門業者
対応価格を事前にチェック☆

地デジ放送とアナログ放送の違い

雑音に対する強さが違います

アナログ放送では信号が雑音に弱いという性質がありますが、地デジ放送では雑音がほとんどなくクリアな映像や音声が楽しめます。これはレコードとCDとの違いによく似ているといわれます。

双方向サービスができます

アナログ放送では一方向の受信サービスしかありませんでしたが、地デジ放送では双方向サービスが利用できます。この性質を利用して地デジ放送では、視聴者参加型放送を行っています。

テレビを楽しむ為にアンテナを設置しよう

地デジ放送を見るためには、先述の通りテレビアンテナの設置が必要です。またBS放送やCS放送を視聴するためにも、それぞれのアンテナを用意しなければなりません。それぞれに適したアンテナを取り付けて、様々な放送局の番組を楽しんでみましょう。

地デジアンテナ工事業者に寄せられた疑問の声

アンテナ

地デジ放送を見るのは有料ですか?

地デジ用テレビアンテナを設置して、民間放送局の地デジ放送を視聴するのは無料です。しかしながら、NHKの放送を受信するときは受信料が必要になるので注意しなければなりません。

設置したアンテナの寿命はどれくらいですか?

アンテナの種類や設置している場所・環境によって寿命は変わってきます。ただし一般的には10~15年程度といわれており、その時期が来たらアンテナを交換することがすすめられます。

[PR]
地デジアンテナ工事をプロに頼もう
評判の高い業者を厳選リサーチ☆