ロゴ

プロに任せるテレビアンテナ設置~依頼前に流れを要チェック~

HOME>トピックス>どれでも良いはNG!テレビアンテナの種類をチェック

どれでも良いはNG!テレビアンテナの種類をチェック

アンテナ

テレビアンテナの種類

テレビアンテナには色々な種類がありますが、大きく分けると地デジ用のアンテナとBS・CSアンテナとなります。現在地デジ用アンテナは色々なメーカーから作られていますが、基本的には八木式アンテナとデザインアンテナの2種類です。またBS・CSアンテナに関しては、現在は110度対応の共用アンテナ1つでBS・CSのどちらも受信可能です。

作業員

地デジアンテナ「八木式アンテナ」のメリット

八木式アンテナはアナログ放送時代から広く使われたことから、価格が数千円と安価であることが特徴です。アンテナ設置工事にかかる費用さえ払えば、毎月の費用が発生しないのも利点の1つです。また屋根の上など比較的高い場所に取り付けることから、周りに高い建物がなければ電波の受信感度が優れているというメリットもがあります。

アンテナ

地デジアンテナ「デザインアンテナ」のメリット

デザインアンテナは「平面アンテナ」とも呼ばれているように、スッキリしたデザインが特徴です。そのため、外観を損なわずにすっきりした印象となる利点があります。またデザインアンテナは壁面に取り付けるため、屋根を傷めずにテレビアンテナを取り付けられます。更にネジでしっかりと固定するので、台風や雪によって倒壊する心配もありません。

テレビアンテナ設置作業の流れ

屋根

まずは現地の調査を行います

まずは、テレビアンテナを設置する物件に出向いて事前調査を行います。調査の結果、工事費用などの見積もりが出されます。

アンテナ設置工事を実施

八木式アンテナやデザインアンテナなど、様々なアンテナが存在するので、それに合わせて設置工事を行います。アンテナの種類によっては高所での作業が必要なので注意が必要です。

電波のレベル測定と確認

テレビアンテナ工事の設置が終了したら、電波の受信レベルを測定して強度を確認します。受信強度が弱い場合は、増幅器の設置が検討されます。

分配器の配置と設定作業

増幅器から安定した電波を出せるようになったら、各部屋に電話を行き渡らせる作業を行います。1本の配線を多岐に分配するため、分配器を使用します。

テレビが見られるか確認

分配作業の後はテレビの視聴確認を行います。テレビ端子とチューナをつないで、実際にテレビが見られるかチェックします。